コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂紋 サモン

大辞林 第三版の解説

さもん【砂紋】

波や海水の流れによって海底の砂や泥の表面に生ずる起伏。砂蓮。
風紋ふうもん」に同じ。
日本庭園の敷砂の上に熊手状の器具で描いた模様。箒ほうき目。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂紋
さもん
ripple mark

海浜や海底堆積物の表面の波状の起伏。波の往復運動によっても、また流れや風のように、向きがあまり変わらない運動によっても形成される。堆積物の粒度や密度に応じて、ある程度以上の流れがあると堆積物粒子は動き始めて、起伏をつくる。向きが変わらない流れでは、上流側斜面はなだらかで、下流側斜面が険しくなることが多く、波のような往復運動では、上流・下流側が対象な形になることが多い。深海底でもしばしば撮影されており、深海には海水の流れはないと考える人が多かった20世紀の中ごろには、その存在の証拠ともなっていた。[高野健三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の砂紋の言及

【クロスラミナ】より

…大規模なものは三角州などにみられる砂堆や,砂漠にみられる砂丘などである。波状現象の波高が10cm以下のものは,砂紋,痕(リップルマーク)と呼ばれ自然界には広く分布する。水槽実験の進歩により,リップルマークの形状,波長,構成物の粒径などの組合せから流れの方向や強さなどが推定できるようになった。…

【リップルマーク】より

…砂紋または痕(れんこん)などといわれることもある。風または水の流動によって堆積物の表面に作られるうねり模様のこと。…

※「砂紋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

砂紋の関連キーワードリップルマーク鳴沙山底層流漣痕風紋

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂紋の関連情報