コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化ヒ素(硫化砒素) りゅうかひそarsenic sulfide

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかひそ【硫化ヒ素(硫化砒素) arsenic sulfide】

ヒ素と硫黄化合物総称。次にあげる3種が知られている。三硫化四ヒ素As4S3も存在するといわれているが明らかでない。
四硫化四ヒ素
 化学式As4S4。天然に鶏冠石として産する。ヒ素と硫黄の等モル量を石英管に真空封入して,はじめ500℃で1時間,ついで600℃で3時間反応させてから徐冷してつくる。常温では深紅色光沢ある結晶でα形と呼ばれ,267℃で黒色の結晶,β形に転移する。水に不溶。結晶中ではAs原子が四面体の頂点に位置したかご形構造をとるAs4S4単位を含んでいる(図)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

硫化ヒ素(硫化砒素)の関連キーワード鶏冠石石英管四面体常温黒色真空不溶

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android