コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化ヒ素(硫化砒素) りゅうかひそ arsenic sulfide

1件 の用語解説(硫化ヒ素(硫化砒素)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかひそ【硫化ヒ素(硫化砒素) arsenic sulfide】

ヒ素と硫黄の化合物の総称。次にあげる3種が知られている。三硫化四ヒ素As4S3も存在するといわれているが明らかでない。
四硫化四ヒ素
 化学式As4S4。天然に鶏冠石として産する。ヒ素と硫黄の等モル量を石英管に真空封入して,はじめ500℃で1時間,ついで600℃で3時間反応させてから徐冷してつくる。常温では深紅色光沢ある結晶でα形と呼ばれ,267℃で黒色の結晶,β形に転移する。水に不溶。結晶中ではAs原子が四面体の頂点に位置したかご形構造をとるAs4S4単位を含んでいる(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

硫化ヒ素(硫化砒素)の関連キーワードアゾ化合物塩化硫黄カルボニル化合物ジアゾ化合物水素化物ニトロ化合物ヒ素中毒複素環式化合物無機化合物ヒ素化合物

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone