磯部最信(読み)いそべよしのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯部最信 いそべ-よしのぶ

1821-1898 江戸後期-明治時代の神道家。
文政4年生まれ。家は代々田安家の家臣。六人部是香(むとべ-よしか)の影響で国学をまなぶ。維新後相川県(佐渡)権(ごんの)参事をつとめる。明治12年平山省斎と大成教会を設立。23年平山の没後管長となった。明治31年1月7日死去。78歳。著作に「安心立命訣」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android