コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯部最信 いそべよしのぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磯部最信
いそべよしのぶ

[生]文政4(1821)
[没]1898
江戸時代後期の神道家。 1877年平山省斎とともに大成教創始著書『安心立命説』『祝詞集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯部最信 いそべ-よしのぶ

1821-1898 江戸後期-明治時代の神道家。
文政4年生まれ。家は代々田安家の家臣。六人部是香(むとべ-よしか)の影響で国学をまなぶ。維新後相川県(佐渡)権(ごんの)参事をつとめる。明治12年平山省斎と大成教会を設立。23年平山の没後管長となった。明治31年1月7日死去。78歳。著作に「安心立命訣」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

磯部最信の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android