コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼成門院(1) れいせいもんいん

1件 の用語解説(礼成門院(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

礼成門院(1) れいせいもんいん

1303-1333 鎌倉時代,後醍醐(ごだいご)天皇の中宮(ちゅうぐう)。
嘉元(かげん)元年生まれ。西園寺実兼(さねかね)の娘。尊治(たかはる)親王(のち後醍醐天皇)の後宮にはいり,懽子(かんし)内親王(のち宣政門院)を生む。元徳4=元弘(げんこう)2年天皇の隠岐(おき)配流(はいる)後,北朝から院号をうけ出家。翌年天皇の京都帰還により中宮に復し,ついで皇太后となった。正慶(しょうきょう)2=元弘3年10月12日死去。31歳。後京極(ごきょうごく)院と追号された。名は禧子(きし)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

礼成門院(1)の関連キーワードボニファチウス北条基時建武新政ボニファティウス嘉元源盛北条高時北条高時北条高時赤橋英時

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone