コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会週間 しゃかいしゅうかんsemaines sociales

1件 の用語解説(社会週間の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会週間
しゃかいしゅうかん
semaines sociales

フランスで 1904年に A.ボアサール,M.ゴニンによって創設。その趣旨は,教皇の回勅の社会的指針に基づき,カトリックの思想を現在の社会問題の解決に役立てようとするもので,講師の講義を中心とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

社会週間の関連キーワード解析変成作用熱雲東欧演劇竹島(韓国名・独島)問題日露戦争日韓議定書白石葭江橘周太バードヒルゲンドルフ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone