コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会週間 しゃかいしゅうかんsemaines sociales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会週間
しゃかいしゅうかん
semaines sociales

フランスで 1904年に A.ボアサール,M.ゴニンによって創設。その趣旨は,教皇の回勅の社会的指針に基づき,カトリックの思想を現在の社会問題の解決に役立てようとするもので,講師の講義を中心とする。毎年異なる土地で開かれ,「移動大学」の性格をもつ。フランス,スペイン (1906以後) ,イタリア (07以後) ,カナダ (20以後) などで行われ,日本でも 51年以来毎秋上智大学その他で開催されており,議事録が出版される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

社会週間の関連キーワード日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命解析変成作用熱雲インターナショナルウェーバー(Max Weber)ソディソフィア東欧演劇

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会週間の関連情報