コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会階層と社会移動全国調査 しゃかいかいそうとしゃかいいどうぜんこくちょうさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会階層と社会移動全国調査
しゃかいかいそうとしゃかいいどうぜんこくちょうさ

社会階層社会移動の研究を目的とする社会調査。SSM(Social Stratification and Social Mobility)調査ともいう。階層間の移動や地域間の移動,とりわけ職業移動の関係を明らかにする社会的成層の研究として重要。1950年代初頭,社会構造を国際的に比較研究するねらいで,国際社会学会の世界社会学会議において国際共同研究事業となった。日本では 1955年に日本社会学会などによって第1回調査が行なわれ,以降 10年ごとに実施される。無作為に抽出された全国の 20歳以上 70歳未満の人を対象に,調査票を用いて,職業,職歴,収入,学歴,家族,社会に関する意見などについて聞き取り調査を行なう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

社会階層と社会移動全国調査の関連キーワード一億総中流

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android