コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会移動 しゃかいいどうsocial mobility

翻訳|social mobility

4件 の用語解説(社会移動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会移動
しゃかいいどう
social mobility

一般社会的成層のなかにおける個人の社会的地位の変化を意味する。 P.A.ソーロキンによれば,水平的移動と垂直的移動に分けられ,さらに垂直的移動は上昇的移動と下降的移動に分類される。これらの移動は,一応社会構造 (成層構造や職業構造,さらには社会体制) が一定である場合についていわれるが,現実には社会構造は常に変化しており,この構造の変化によっても移動は生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

社会移動【しゃかいいどう】

社会成員が一定の社会的位置から他の社会的位置へ移動すること。移動の仕方は水平移動垂直移動に分けられる。前者は同一水準にある社会的位置間の移動で,同一家格間の婚姻や職業の世襲など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいいどう【社会移動 social mobility】

社会移動とは,個人の社会的地位の移動をいう。社会的地位には,何らかの基準によって序列づけられた人々のなかでの個人の位置を示すものであれば,すべてのものが含まれる。たとえば,職業,学歴,所得,資産,勢力,威信,人気,家柄等々において,高低,大小,多寡などの基準によって人々が序列づけられるならば,それらは個人の社会的地位を構成する要素である。このようにして序列づけられた人々の総体を,階層構造と呼ぶことができよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃかいいどう【社会移動】

異なった時点間で、社会成員が世代間あるいは世代内で社会階層を移動すること。主たる指標として職業をとり、移動度の高低によって当該社会の構造を把握しようとする。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の社会移動の言及

【階層】より

… また社会階層は不平等の体系であるとはいえ,先進産業社会では不平等の度合は少なくなり,加えて階層構造の流動性が高まるということが重要である。階層的地位間における人員配分の流動性,すなわち人間の動きは社会移動social mobilityと呼ばれ,両者は〈社会階層と社会移動〉というように対をなす概念として用いられる。社会的資源の分配の完全な平等,すなわち無階層社会というものは,今日の社会主義諸国を含めて実現されておらず,また完全平等の実現がはたして社会正義にかなうか否か,人びとの不満をゼロにするか否かは疑問であって,必ずしも一義的にはいえないのに対して社会移動の割合が高いということは,分配そのものの平等ではないが機会の平等を保証するものであり,その意味で社会正義を実現するものとして重要性をもつ。…

【階層】より

…階級に関する諸学説のうち,多元的指標を用い階級分析に対して数量的アプローチをとる人びとが,しだいに階級social classという語よりも階層social stratification(この用語はP.A.ソローキンがその著《社会移動論》(1927)で初めて使った)という語を多用するようになったことによって,階層研究と呼ばれる分野が形成されるようになった。したがって階層論は階級論の一形態であり,階級以外に特別に階層という研究対象があると考えるのは適切でない。…

※「社会移動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会移動の関連情報