(読み)ソ

  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

ある血統・家系の初代。「当家の
ある物事を始めた人。元祖。開祖。「天文学の
[音](呉)(漢) [訓]おや
学習漢字]5年
家系を開いた人。また、それを継いだ各世代の重なり。「祖国祖先遠祖家祖皇祖高祖先祖(せんぞ)父祖
父母の父。親の親。「祖父祖母外祖曽祖(そうそ)
一派を開いた人。物事のもと。「祖師開祖教祖始祖鼻祖仏祖
のっとって従う。「祖述
旅の安全を守る神。「道祖神
[名のり]さき・のり・はじめ・ひろ・もと
[難読]御祖父(おじい)さん御祖母(おばあ)さん祖父(じじ)祖母(ばば)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 父の父。おおじ。じじ。祖父。
※親族正名(1725)「父より祖を親み、子より孫を親む」 〔易経‐小過卦〕
② その血統、家系の最初の人。とおつおや。先祖。
※史記抄(1477)四「秦は姓の祖なりとは云へども」 〔詩経‐大雅〕
③ ある物事を創始した人。開祖。元祖。
※正法眼蔵(1231‐53)一顆明珠「仏は仏に嗣し、祖は祖に嗣す」
※日本書紀桃源抄(15C後)「天照大神は王道の祖也」
④ 物事のはじめ。もと。きっかけ。
※雑俳・柳多留‐二一(1786)「おめかけはほうじを祖としねだり事」
※寄席風俗‐上方落語・芝居噺研究(1942)〈正岡容〉「上方噺は〈略〉京都真葛ケ原の野天に於て興行したものを祖としてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【道祖神】より

…サエノカミ(塞の神),ドウロクジン(道陸神),フナドガミ(岐神)などとも呼ばれ,村の境域に置かれて外部から侵入する邪霊,悪鬼,疫神などをさえぎったり,はねかえそうとする民俗神である。陰陽石や丸石などの自然石をまつったものから,男女二神の結び合う姿を彫り込んだもの(双体道祖神)まで,この神の表徴は多様である。道祖神は境界的,両義的な特性においてきわだっている。…

【廟号】より

…中国で天子の霊をまつるとき,追尊して贈る宗廟の称号。太祖,太宗など祖・宗の前に1字がつく。本来,有功者を祖,有徳者を宗とし,舜が瑞頊(せんぎよく),尭に贈ったのが最初とされ,漢代では功徳高き天子に限って廟号をもち,その廟は毀廟とはならなかった。…

※「祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祖の関連情報