コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神化 シンカ

デジタル大辞泉の解説

しん‐か〔‐クワ〕【神化】

[名](スル)
神のするような偉大な徳化。
神のしわざのような、不思議な変化。「神化の霊妙」
自然物や特定の人間が神聖視され、神あるいは神的なものとして崇拝されること。神格化

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんか【神化】

( 名 ) スル
不思議な変化。
神の化育。神の徳化。偉大な徳化。
神・霊魂となること。
〔deification〕 特定の事物や動植物、人間を神聖視し、神として祀ること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

神化の関連キーワードシュワイツァー(Albert Schweitzer)グレゴリオス(ニッサのグレゴリオス)シメオン[ストゥディオス]ブデンブローク家の人々プトレマイオス(2世)プトレマイオス(3世)デメトリオス(1世)道教/道教の神々豊宇気毘売神香取繁右衛門フランス美術ヘレニズム元良勇次郎天御中主神シェストフバベルの塔ローマ史武甕槌神密儀宗教藤原利仁

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神化の関連情報