コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神化 シンカ

デジタル大辞泉の解説

しん‐か〔‐クワ〕【神化】

[名](スル)
神のするような偉大な徳化。
神のしわざのような、不思議な変化。「神化の霊妙」
自然物や特定の人間が神聖視され、神あるいは神的なものとして崇拝されること。神格化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんか【神化】

( 名 ) スル
不思議な変化。
神の化育。神の徳化。偉大な徳化。
神・霊魂となること。
〔deification〕 特定の事物や動植物、人間を神聖視し、神として祀ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神化の関連キーワードシュワイツァー(Albert Schweitzer)グレゴリオス(ニッサのグレゴリオス)シメオン[ストゥディオス]ブデンブローク家の人々プトレマイオス(2世)プトレマイオス(3世)デメトリオス(1世)道教/道教の神々フランス美術豊宇気毘売神香取繁右衛門元良勇次郎バベルの塔ヘレニズムシェストフ天御中主神映像文化密儀宗教武甕槌神藤原利仁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android