コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神吉寿平 かみよし・じゅへい

朝日日本歴史人物事典の解説

神吉寿平

没年:文政3(1820)
生年宝暦4(1754)
江戸後期の装剣金工家。肥後国熊本(熊本市)に神吉善右衛門の4男として生まれた。名は正忠,忠光。家号は白粉屋。はじめ父や叔父善七に鐔細工を学んだが,安永7(1778)年熊本藩の命により林家3代目藤八に入門し,寛政7(1795)年神吉の姓を藩主から許され,扶持米を授与された。神吉家は寿平以降その子深信,孫の楽寿と続いた。

(加島勝)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

神吉寿平の関連キーワード神吉寿平(2代)神吉寿平(3代)6月28日没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android