コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神吉寿平 かみよし・じゅへい

1件 の用語解説(神吉寿平の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

神吉寿平

没年:文政3(1820)
生年:宝暦4(1754)
江戸後期の装剣金工家。肥後国熊本(熊本市)に神吉善右衛門の4男として生まれた。名は正忠,忠光。家号は白粉屋。はじめ父や叔父善七に鐔細工を学んだが,安永7(1778)年熊本藩の命により林家3代目藤八に入門し,寛政7(1795)年神吉の姓を藩主から許され,扶持米を授与された。神吉家は寿平以降その子深信,孫の楽寿と続いた。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神吉寿平の関連キーワード神吉寿平(2代)熊谷義之志水甚五(2代)諏訪幾平関直吉谷清兵衛(初代)林重房

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone