コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例幣 レイヘイ

大辞林 第三版の解説

れいへい【例幣】

朝廷より毎年の例として神にささげる幣帛へいはく。特に、9月11日に伊勢神宮に奉る幣帛。江戸時代には日光東照宮にも例幣を下した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の例幣の言及

【三時祭】より

…また,朝廷からは奉幣があった。神嘗祭における勅使の奉幣は,古くから例幣といい,宮中の重要な年中行事とされた。ただし,奉幣の儀は中世以来久しく廃絶したが,1872年(明治5)に再興された。…

【例幣使】より

…朝廷より毎年,神社に幣帛を奉るため遣わされる祭使のこと。とくに,伊勢神宮神嘗祭の奉幣を例幣といい,毎年9月11日をもって発遣される奉幣使をさして,伊勢例幣使と称した。例幣使は五位以上の諸王のなかから占いをもって定め,これに神祇官の中臣,忌部,卜部が従い,これを四姓幣使とも称した。…

※「例幣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

例幣の関連キーワード群馬県伊勢崎市境栃木県日光市今市日光例幣使街道栃木[市]太田[市]西方〈町〉都賀〈町〉新田[町]西方[町]大平[町]佐野[市]玉村[町]日光西街道新田〈町〉今市[市]例幣使街道日光東照宮日光例幣使境[町]伊勢の使

例幣の関連情報