例幣(読み)れいへい

精選版 日本国語大辞典「例幣」の解説

れい‐へい【例幣】

〘名〙 古代・中世、律令国家から毎年の例として神にささげる幣帛。特に、神嘗祭(かんなめさい)に際して、毎年九月一一日に律令国家から伊勢神宮に勅使を派遣して(ぬさ)を奉らせたこと。江戸時代には、日光東照宮へも四月の例大祭に際して奉幣が行なわれた。《季・秋》
※三代実録‐貞観一三年(871)九月一一日「遣下二使者於伊勢大神宮例幣兼賽宿祷

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の例幣の言及

【三時祭】より

…また,朝廷からは奉幣があった。神嘗祭における勅使の奉幣は,古くから例幣といい,宮中の重要な年中行事とされた。ただし,奉幣の儀は中世以来久しく廃絶したが,1872年(明治5)に再興された。…

【例幣使】より

…朝廷より毎年,神社に幣帛を奉るため遣わされる祭使のこと。とくに,伊勢神宮神嘗祭の奉幣を例幣といい,毎年9月11日をもって発遣される奉幣使をさして,伊勢例幣使と称した。例幣使は五位以上の諸王のなかから占いをもって定め,これに神祇官の中臣,忌部,卜部が従い,これを四姓幣使とも称した。…

※「例幣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android