コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神州/神洲 シンシュウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐しゅう〔‐シウ〕【神州/神×洲】

神国。日本で自国を誇っていう。
中国で、自国の美称。
神仙のいる所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしゅう【神州】

神の国。神国。日本で自国の美称として用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の神州/神洲の言及

【神国思想】より

…もとは農耕儀礼などと結びついた素朴な信仰に根ざすものであったが,政治的統一が進み,他国・他民族への意識が生まれてくると,日本を他国よりもすぐれた国とする主張の拠り所となった。神国・神州といったことばは,直接排外的な思想に結びつくというものではなかったが,対外緊張が強まったときには,つねに日本中心の排外的な主張を支えるものとなった。 《日本書紀》の神功皇后紀に見える神国の語は,朝鮮半島に対する日本人の意識をあらわしており,神功皇后紀の記述は後世まで繰り返し持ち出された。…

※「神州/神洲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神州/神洲の関連キーワード山口 将吉郎マキノ 登六佐藤蛾次郎東禅寺事件少年俱楽部神州天馬侠吉川 英治滝 廉太郎終戦の詔勅少年倶楽部朝日 平吾国枝 史郎み子ちゃんしんちゃん山口将吉郎吉田松陰中林竹洞朝日平吾神山大和荒井敦史

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android