コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神郡 しんぐん

4件 の用語解説(神郡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神郡
しんぐん

「かみごおり」とも読む。一郡すべてが神社の所領となるもの。養老7 (723) 年には,伊勢国度会,多気 (伊勢神宮) ,安房国安房 (安房神社) ,出雲国意宇 (出雲大社) ,筑前国宗像 (宗像大社) ,常陸国鹿島 (鹿島神宮) ,下総国香取 (香取神宮) ,紀伊国名草 (日前,国懸神宮) を八神郡と呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かみ‐ごおり〔‐ごほり〕【神郡】

神領の一。一郡を神社の所領とし、租税を諸祭料などの費用にあてた。奈良時代には、伊勢の多気・度会(わたらい)の二郡、常陸(ひたち)の鹿島、下総(しもうさ)の香取などがあった。かみぐに。しんぐん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんぐん【神郡】

社領の一種で,貢納と奉仕の任をもつ神戸(かんべ)が一郡にわたって存在し,郡全体が神領となったもの。伊勢神宮では古くから伊勢国多気,度会郡を神領として寄せられ,その後飯野郡を加えて特にこれを神三郡(しんさんぐん)と称した(のち神八郡)。このほか,安房神社の安房国安房郡,鹿島神宮の常陸国鹿島郡,香取神宮の下総国香取郡,出雲大社の出雲国意宇(おう)郡,宗像神社の筑前国宗像郡,日前国懸(ひのくまくにかかす)神宮の紀伊国名草郡などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神郡
しんぐん

古代律令制(りつりょうせい)下、国郡制の郡全体を神宮・神社の領地とされていたその郡のこと。伊勢(いせ)の神宮では創建当初よりその周辺の地を神地(かんどこ)としていたが、大化改新による国郡制の施行とともに、その地を度会(わたらい)・多気(たき)の2郡とし、それを神郡と定めて、その郡よりの収入は国庫に入れるのではなく、すべて神宮に納め、その用途にあてることとし、のち平安末期までに伊勢国8郡が神郡とされていた。ほかに723年(養老7)の時点で、安房(あわ)神社に安房国(千葉県)安房郡が、出雲(いずも)大社に出雲国(島根県)意宇(おう)郡が、宗像(むなかた)大社に筑前(ちくぜん)国(福岡県)宗像郡が、鹿島(かしま)神宮に常陸(ひたち)国(茨城県)鹿島郡が、香取神宮に下総(しもうさ)国(千葉県)香取郡が、日前(ひのくま)・国懸(くにかかす)神宮に紀伊国(和歌山県)名草郡が定められていたが、律令制の崩壊とともに消失した。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神郡の関連キーワード高粱酒天つ神貝蛸貢納社領中つ神神戸土竜個個青少年赤十字奉仕の必修化

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神郡の関連情報