神宮大麻(読み)ジングウタイマ

精選版 日本国語大辞典の解説

じんぐう‐たいま【神宮大麻】

〘名〙 伊勢神宮を崇敬する者のために、伊勢神宮から年ごとに一般に配布される御札。明治三三年(一九〇〇)九月勅令によって神部署官制を公布、大麻と暦の製造頒布は神部署の管掌となった。現在は、神社本庁が依託を受け全国各府県の神社庁を経て各神社から頒布される。
※神祇省告諭‐明治四年(1871)一二月「皇大神宮大麻の儀は今般従大宮司従来之振合を以て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神宮大麻の関連情報