神符(読み)シンプ

大辞林 第三版の解説

しんぷ【神符】

神社などが発行する護符ごふ。お札ふだやお守り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐ぷ【神符】

〘名〙
① 神社や寺で出す護。災難をはらい、幸福を祈るために、神棚などに安置したり門口にはったりする。お札。お守り。
※三教指帰(797頃)中「白朮、黄精、松脂、穀実之類、以除内痾、蓬矢、葦戟、神符、呪禁之族、以防外難
※吾妻鏡‐建長五年(1253)五月四日「五月五日両午・壬午に当たる年、端午の神符御護を作りてかくれば、命百年をたもつ事」
② (護国安穏の護符としてすぐれた力があるところから) 般若波羅蜜のこと。
※本朝文粋(1060頃)一三・臨時仁王会呪願文〈大江朝綱〉「三千界中 唯仏是仰 十六会外 此経殊勝 非有非空 妙理冰渙 天上天下 牟尼月明 既称仁王 神符救世 亦号護国 潜衛佐時」 〔仁王経‐下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神符の言及

【御札】より

…社寺で出す守札。神符(《運歩色葉集》),御守(《神道名目類聚抄》),守札,札守などとも呼ばれる。護符の一種。…

※「神符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android