コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神崎孫右衛門 かんざき まごえもん

1件 の用語解説(神崎孫右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神崎孫右衛門 かんざき-まごえもん

1757-1844 江戸時代後期の里正(村長)。
宝暦7年生まれ。下総(しもうさ)埴生(はぶ)郡(千葉県)幡谷(はたや)村の人。村に堕胎の風習があるのをうれえ,子どもを3人以上生み,生活のくるしい村民には養育費を5歳まで支給した。領主の田安家から善政を賞され,名字帯刀をゆるされた。天保(てんぽう)15年2月死去。88歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神崎孫右衛門の関連キーワード曲芸プラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦い井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone