神楽鮫(読み)カグラザメ

デジタル大辞泉の解説

かぐら‐ざめ【神×鮫】

カグラザメ目カグラザメ科の海水魚。全長8メートルくらい。体は細長い紡錘形で、背面は暗褐色。えらあなは六対ある。卵胎生。温熱帯海域のやや深海底にすむ。食用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぐらざめ【神楽鮫】

カグラザメ目の海魚。全長8メートルに達する。体は暗褐色から黒灰色で腹面は灰色。体側に鰓孔えらあなが六対ある。卵胎生。肉は練り製品にする。温帯・熱帯の深海域に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android