神社合祀(読み)じんじゃごうし

大辞林 第三版の解説

じんじゃごうし【神社合祀】

明治初頭と末頃に、国家管理のために政府が推進した神社の整理合併策。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんじゃごうし【神社合祀】

神社を合併整理することで,明治初年と明治末年に政府の手でおこなわれた。維新政府は,1872年の太政官布告神社を〈国家ノ宗祀〉となし,官社,諸社にわけ,官国幣社,府県郷村社と社格を付与し,村社に指定されない雑社の合併整理をはかった。それは,〈大小神社氏子取調規則〉にもとづく,寺請制を神社にあてはめようとのこころみであったが失敗した。1906年内務省訓令で神饌幣帛料の供進を決定する基準を定め,府県郷村社の整理をうながした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神社合祀の関連情報