コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経膠 しんけいこうneuroglia

翻訳|neuroglia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経膠
しんけいこう
neuroglia

グリア (細胞) ともいう。中枢神経系だけにある結合組織。発生の起源が外胚葉であることが,他の結合組織と大きく異なる。神経細胞 (ニューロン) の支持および栄養補給の働きをする。膠細胞と膠線維とから成り,膠細胞は星状膠細胞,稀突起膠細胞,小膠細胞の区別がある。膠線維は星状膠細胞と密接な関係を有し,一部は細胞体の中にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

神経膠

 ニューロンとならぶ神経組織の基本的な構成要素.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいこう【神経膠 glia】

グリアともいう。中枢神経の内部でニューロンのあいだを埋めるような細胞要素,すなわち星状膠細胞,稀突起膠細胞,小膠細胞,上衣細胞を総称する語であり,ニューログリアneurogliaという語が同義に用いられることもある。〈膠〉は接着剤としての〈にかわ〉を意味し,他の組織で結合組織が果たしている保護・支持の役割を果たしている。神経膠には,中枢神経内の毛細血管壁を完全に囲む突起を出して血液関門の形成にあずかるほか,毛細血管とニューロンとのあいだでの物質の移送に重要な役割を果たすもの(星状膠細胞),髄鞘形成にあずかるもの(稀突起膠細胞),変性したニューロンあるいは異物を貪食する能力の強いもの(小膠細胞)といった機能分化もある程度認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経膠
しんけいこう

脳や脊髄(せきずい)で神経細胞の間を埋めてこれを支持する要素をいい、神経膠細胞またはグリア細胞ともよばれる。神経膠は、とくに神経細胞と毛細血管との間を結んで、神経細胞の栄養供給と代謝を助け、神経細胞に好ましくない物質を排出する働きをする。そのほかにも、有髄神経繊維の髄鞘(ずいしょう)をつくったり、神経回路の形成に支持的、絶縁的役割を果たすだけでなく、神経細胞が傷害や炎症をおこしたときには、増殖してその拡大を防ぐと同時に組織の修復を図る。神経膠は、形態や大きさ、機能によって、星状神経膠、稀(き)突起神経膠、小神経膠に区別される。脳と脊髄以外の末梢(まっしょう)神経系では、髄鞘を形成するシュワン細胞と、神経節の中にみられる外套(がいとう)細胞(衛星細胞)が神経膠と同じ役割を果たしており、末梢神経膠組織ともいわれている。[新井康允]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の神経膠の言及

【神経系】より

…一般によく使われる神経nerveという日本語は,神気の〈神〉と中国医学でいう経脈の〈経〉とを組み合わせたものであり,《解体新書》(1774)ではじめて用いられた。
【ニューロン】

[ニューロンと神経膠]
 一般に生体の器官には実質と支質が区別される。それぞれの器官の特徴的な機能に直接かかわる細胞が実質(実質細胞)であり,実質細胞を一定の形にまとめあげ,これを維持する細胞,およびこのような細胞がつくり出す物質が支質である。…

※「神経膠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神経膠の関連キーワードびまん性星細胞腫弥漫性星細胞腫中性子捕獲療法サテライト細胞組織(生物)希突起膠細胞脳室上衣腫脳悪性腫瘍封入体脳炎神経芽細胞視神経膠腫視神経萎縮脳良性腫瘍グリオーマグリオームグリア細胞神経膠芽腫神経幹細胞脊髄腫瘍星細胞腫

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神経膠の関連情報