コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血液脳関門 けつえきのうかんもんblood-brain barrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血液脳関門
けつえきのうかんもん
blood-brain barrier

正常な組織には血液中のある物質,たとえば脳にとって有害な物質が脳内に侵入するのを防ぐ機構があり,毛細血管内膜の働きによるとされている。この機構を血液脳関門と呼ぶ。胎児や新生児ではこれが十分働かない。新生児核黄疸は,正常では入らないはずのビリルビンが血中から脳内に入ることによって起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

血液脳関門

 血液から脳への物質の移行は選択性が高い.この高い選択性をもって物質を脳へ取り込ませる機構.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けつえきのうかんもん【血液脳関門 blood brain barrier】

略称BBB。血液‐中枢神経(脳と脊髄)組織間の物質(酸素,炭酸ガス,水を除く)の移動速度は他の組織にくらべて著しく低い。色素,毒素,ウイルスなどはまったく透過しない。このことから,中枢神経の毛細血管と神経細胞の間には,なんらかの透過障壁があると考えられており,この障壁を血液脳関門という。血液脳関門は中枢神経細胞の外液を恒常的に保つための保護機構と考えられている。しかし一方,多くの抗生物質などがこの関門を通りにくいことは,中枢神経感染症治療の妨げともなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けつえきのうかんもん【血液脳関門】

脳の血管から神経細胞へと有害な物質が移行しないように働く、選択的な障壁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の血液脳関門の言及

【脳】より

…麻酔剤や睡眠剤,トランキライザーなどの薬剤が脳に作用するのは,脳組織の働きがそもそも多彩な化学的過程に支えられているためである。
[血液脳関門]
 脳組織と血管の間には物質の移動を妨げる一種の関門がある。グルコースや酸素は脳内に自由に移行するが,一般に高分子のタンパク質や脂質,アミノ酸,リン酸,ナトリウムイオンNaなどは脳内に入りにくい。…

※「血液脳関門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血液脳関門の関連キーワードメトトレキサートアストロサイト脳スキャニング中性子捕獲療法血管内皮細胞ツボクラリン認知症脳浮腫神経膠

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血液脳関門の関連情報