コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禄邑 ろくゆう

1件 の用語解説(禄邑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろくゆう【禄邑】

朝鮮,新羅の俸禄制度の一種。689年から757年までの間,一時的に廃止されたほかは,新羅の全時期を通じて行われていた。一時廃止されるまでの禄邑は,食邑と同様に,特定の地域に対する一定の支配権を,貴族官僚に与え俸禄としたものであり,旧首長層の領域支配に由来するものと思われる。これに対して復活後の禄邑は,官庁ごとに特定の村落を禄邑に指定し,俸禄等の経費にあてたものであり,官僚個人による固定的な村落支配は許されなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

禄邑の関連キーワード飛鳥浄御原令采女氏塋域碑柿本人麻呂小野老孟浩然良弁飛鳥浄御原令団塊の世代班田収授法粟田真人

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone