コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五岳 ゴガク

5件 の用語解説(五岳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐がく【五岳】

中国で古来崇拝された五つの霊山。前漢時代、五行思想の影響により生じた泰山(東岳・山東省)・華山(西岳・陝西(せんせい)省)・衡山(南岳・湖南省)・恒山(北岳・山西省)・嵩山(すうざん)(中岳・河南省)をいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ごがく【五岳】

長野の日本酒。酒名は、蔵を囲む戸隠、飯綱、黒姫、妙高、斑尾の北信五岳に由来。精米歩合35%で仕込む純米吟醸酒。原料米は山田錦。仕込み水千曲川水系の伏流水。蔵元の「今井酒造店」は元禄4年(1691)創業。所在地は長野市大字小島。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごがく【五岳 Wǔ yuè】

中国の五大名山,すなわち東岳泰山南岳衡山,西岳華山,北岳恒山,中岳嵩山(すうざん)の総称。五嶽とも書く。神仙の住む所とされ,歴代多くの帝王がみずから祭祀を行った。とくに泰山には群臣を率いて参拝し,封禅の儀式を行った。五岳については《爾雅(じが)》釈山篇の記述が根拠となっているが,戦国時代(前4~前3世紀)に五行思想の影響のもとに五岳の観念が生じたといわれる。国家祭祀の制度としては漢の武帝に始まり,漢の宣帝が確定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五岳
ごがく

中国古来の信仰にみられる五大名山の総称。東岳泰山(たいざん)(山東省)、南岳衡山(こうざん)(湖南省)、西岳華山(陝西(せんせい)省)、北岳恒山(こうざん)(山西省)、中岳嵩山(すうざん)(河南省)をさす。中国では古くから山岳・山神の崇拝がみられたが、しだいに著名な崇拝対象となる中心的山岳が生まれた。初めは『尚書(しょうしょ)』堯典(ぎょうてん)にみられるように東西南北の四岳であったが、漢代に五行思想を背景として武帝が嵩山を祭祀(さいし)してからほぼ五岳として固まり、宣帝の紀元前61年五岳の国家祭祀が確定した。中岳、東岳、西岳は当初から変わっていないが、南岳は6世紀末、安徽(あんき)省の天柱山から衡山に、北岳は15世紀末、河北省曲陽県の恒山から山西省渾源(こんげん)県の恒山に移された。[船越昭生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五岳の言及

【山】より

…たとえば《山海経(せんがいきよう)》には,天下の名山は5370,そのうち銅を産出する山は467,鉄を産出する山は3690と数えている。それら諸名山の代表は五岳,すなわち東岳の泰山(山東省),西岳の華山(陝西省),南岳の衡山(湖南省),北岳の恒山(河北省),中岳の嵩山(すうざん)(河南省)の五山であり,三公の地位になぞらえられて天子が祭りを行った。なかでも東岳泰山は,死者の霊魂が集まる冥府の所在地と考えられ,また,しばしば封禅の儀式が行われたところとして有名である。…

※「五岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五岳の関連情報