コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福子内親王 ふくこないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福子内親王 ふくこないしんのう

1676-1707 江戸時代前期-中期,霊元(れいげん)天皇の第4皇女。
延宝4年9月14日生まれ。母は敬法門院貞享(じょうきょう)3年内親王となる。元禄(げんろく)11年(1698)伏見宮邦永(くになが)親王の妃となり,貞建親王,光子女王を生む。宝永4年7月3日死去。32歳。幼称は英宮,綾宮。名は「とみこ」ともよむ。

福子内親王 とみこないしんのう

ふくこないしんのう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

福子内親王 (とみこないしんのう)

生年月日:1676年9月14日
江戸時代中期の女性。霊元天皇の第4皇女
1707年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

福子内親王の関連キーワード伏見宮貞建親王霊元天皇生年月日

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android