コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福者 ふくしゃBeatus; Blessed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福者
ふくしゃ
Beatus; Blessed

カトリック教会において,死後,その司牧活動や殉教などの聖なる生涯のゆえ信徒の崇敬の対象となることを教会法に従って認められた者。福者の列に加えられる手続きを列福と呼ぶ。さらに二つ以上の奇跡的行為や優れた生活などが教会によって認定されるときは,列聖の手続きを経て聖人(→聖者)となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐しゃ【福者】

幸運にめぐまれた人。また、富裕な人。福人(ふくじん)。
カトリック教会で、死後、その聖徳を認められた者に対して、教会より贈られる敬称。また、それを受けた人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくしゃ【福者】

幸福な人。裕福な人。
カトリック教会が生前の聖徳を認めて死者におくる敬称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の福者の言及

【聖人】より

…もと自然に発生した習慣だっただけに聖人認定の手続も定かでなく,死体が腐朽しないことだけでも聖性を証すると考えられ,せいぜい司教が認定するのみであったが,12世紀から新聖人認定権は教皇庁の独占するところとなり,列聖の手続や儀式も整った。17世紀には一段下の聖性をもつ福者beatus,beataの位階も設けられた。ルター以下,宗教改革者たちは一様に聖人崇拝に反対した。…

※「福者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福者の関連キーワードコルベ(Maksymilian Kolbe)スピノラ(Carlo Spinora)フランシスコ・デ モラレスポウプ・シルバーキャップインノケンチウス11世キリシタン関係主要人名ディエゴ・デ モラレスインノケンチウス5世ベネディクツス11世ラバヌス・マウルスエウゲニウス3世木村セバスチャンウルバヌス5世木村レオナルド中浦ジュリアンマザー・テレサウルバヌス2世アンジェリスアンチロコス武者小路実篤

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福者の関連情報