私的年金(読み)シテキネンキン

精選版 日本国語大辞典の解説

してき‐ねんきん【私的年金】

〘名〙 民間の企業・団体が運営する企業年金、団体年金などの総称。公的年金に対する

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の私的年金の言及

【年金】より

…年金は定期的な金銭の給付であるが,主として老齢,遺族,障害等に対する経済的準備のために行われる。年金には,国が法律に基づいて行う公的年金と,民間で任意に行う私的年金がある。さらに私的年金には,企業が退職給与の一種として従業員に支給する企業年金と,生命保険会社等が個人を対象として行う個人年金とがある。…

【年金保険】より

…年金保険には公的保険(公的年金)と民間保険(私的年金)とがあるが,前者については〈年金〉の項で扱うこととし,本項では後者について述べる。高齢化社会の到来と公的年金の充実に限界が感じられてきたことから,補完的な老後保障として私的年金(保険)が注目を集めている。…

※「私的年金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

私的年金の関連情報