私等(読み)ワタシラ

精選版 日本国語大辞典の解説

わし‐ら【私等】

〘代名〙 (「ら」は接尾語)
① 自称。わたくし。謙遜の気持でいう。
※浄瑠璃・信濃源氏木曾物語(1698頃)一「わしらがやうなかずならぬ、うき身は山をゐぐさりに」
② 自称。私たち。
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)四「わしら女夫(めおと)が〈略〉ひぞういたしたやしなひ娘を」

わたい‐ら【私等】

〘代名〙 自称。「わたい(私)」の複数。単数にも用いる。わたしら。主に、江戸の芸娼妓が用いた。
※洒落本・仕懸文庫(1791)「わたいらもいきてへよ」

わたし‐ら【私等】

〘代名〙 自称。「わたし(私)」の複数。また、単数にも用いる。
※咄本・当世はなしの本(1684‐88)「わたしらもいつかさて、せがれに世をわたして」

わっち‐ら【私等】

〘代名〙 自称。「わっち」の複数。また、単数にも用いる。
※咄本・さとすゞめ(1777)麻疹「うら店のかかあ、となりへ行き、おまへでははしかで御心づかい。わっちらは子はなし。はしかも此まへ、わづらふてしまいやんした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android