私蓄(読み)シチク

大辞林 第三版の解説

しちく【私蓄】

個人的に金銭などをたくわえること。 「富豪を脅して其-を散ずるか/大塩平八郎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐ちく【私蓄】

〘名〙 個人的に財物を所有したり、奉公人をやとったりすること。また、その物や人。私的なたくわえ。私財。
元亨釈書(1322)上表「如是至宝不敢私蓄、敬上陛下、弗僭越耳」
※大塩平八郎(1914)〈森鴎外〉五「諸役人を誅し富豪を脅して其私蓄(シチク)を散ずるかの三つより外あるまい」 〔礼記‐内則〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android