コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋元洒汀 あきもと しゃてい

1件 の用語解説(秋元洒汀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋元洒汀 あきもと-しゃてい

1869-1945 明治-昭和時代前期の俳人。
明治2年1月20日生まれ。醤油醸造業をいとなむ。尾崎紅葉の門人。秋声会にくわわり,「秋の声」,のち「卯杖(うづえ)」に発表。横山大観,菱田春草らを経済的に支援。春草の「落葉」は洒汀のためにえがかれた。昭和20年1月19日死去。77歳。下総(しもうさ)流山(千葉県)出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は平八。別号に濡鷺堂(ぬれさぎどう)。句集に「胡沙笛」など。
【格言など】秋風にやもめの蝶の吹かれけり(「胡沙笛」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

秋元洒汀の関連キーワード江見水蔭池上清定到津公煕岡田哲蔵佐々木文一中川泉三別府丑太郎森岡守成矢川ミキ矢川れん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone