コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋元洒汀 あきもと しゃてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋元洒汀 あきもと-しゃてい

1869-1945 明治-昭和時代前期の俳人。
明治2年1月20日生まれ。醤油醸造業をいとなむ。尾崎紅葉の門人。秋声会にくわわり,「秋の声」,のち「卯杖(うづえ)」に発表。横山大観,菱田春草らを経済的に支援。春草の「落葉」は洒汀のためにえがかれた。昭和20年1月19日死去。77歳。下総(しもうさ)流山(千葉県)出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は平八。別号に濡鷺堂(ぬれさぎどう)。句集に「胡沙笛」など。
【格言など】秋風にやもめの蝶の吹かれけり(「胡沙笛」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秋元洒汀の関連キーワード藩学一覧原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)女性参政権パーレットレルヒイギリス映画内閣総理大臣ディープ・パープル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android