秋礀道泉(読み)しゅうかん どうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋礀道泉 しゅうかん-どうせん

1263-1323 鎌倉時代の僧。
弘長(こうちょう)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。大休正念(だいきゅう-しょうねん)の印可をうけ,ついで信濃(しなの)(長野県)安楽寺の樵谷惟僊(しょうこく-いせん)に師事。のち鎌倉寿福寺の住持となる。元亨(げんこう)3年7月10日死去。61歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。諡号(しごう)は大法源禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android