コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋谷七郎 あきや しちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋谷七郎 あきや-しちろう

1896-1978 昭和時代の生化学者,法医学者。
明治29年11月7日生まれ。東京薬専校長をへて昭和17年母校東京帝大の教授。退官後,昭和大薬学部長などをつとめた。科学捜査研究所(現科学警察研究所)顧問として,24年の下山事件で死後轢断(れきだん)(他殺)の鑑定をくだした。昭和53年8月11日死去。81歳。千葉県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋谷七郎
あきやしちろう
(1896―1978)

薬学者。千葉県我孫子(あびこ)に生まれる。東京帝国大学出身。薬学博士。東大で薬学科衛生・化学・裁判化学講座担当。糖質化学を中心とする生化学的研究に重点を置き、実験方法の近代化を図った。併任の東大伝染病研究所(現、医科学研究所)化学部長として医学系との協同研究に成果をあげる。警察本部科学研究所顧問の見地から、犯罪捜査の鑑定に有効な新知見や方法を発見し、鑑識技術の体系的基礎を確立する。とくに下山事件(1949)にあたって、pH曲線による死後経過時間の測定などから死後轢断(れきだん)説を主張した。東大名誉教授、東京医科歯科大学教授、同付属総合法医学研究施設長、昭和大学名誉教授。中央薬事審議会長、日本学術会議会員、日本薬学会頭その他を歴任した。[根本曽代子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

秋谷七郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android