コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古畑種基 ふるはたたねもと

7件 の用語解説(古畑種基の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古畑種基
ふるはたたねもと

[生]1891.6.15. 三重
[没]1975.5.6. 東京
法医学者。東京大学医学部卒業。金沢医科大学教授,東京大学教授,科学警察研究所所長などを歴任。血液型,指紋などの遺伝学的,法医学的研究で多大の業績を上げ,1956年文化勲章受章。日本学士院会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふるはた‐たねもと【古畑種基】

[1891~1975]法医学者。三重の生まれ。東大教授。科学警察研究所長。血液型の研究を専門として親子鑑定に応用したほか、帝銀事件下山事件をはじめとする多くの事件で法医学鑑定を手がけた。著作に「法医学入門」など。昭和31年(1956)文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古畑種基【ふるはたたねもと】

法医学者。三重県生れ。1916年東京帝国大学医学部卒。東大,東京医科歯科大学などの教授を経て,1960年警察庁科学警察研究所長。1934年のQ式血液型の発見など血液型の研究で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古畑種基 ふるはた-たねもと

1891-1975 大正-昭和時代の法医学者,血清学者,人類遺伝学者。
明治24年6月15日生まれ。金沢医大教授から,昭和11年母校東京帝大の教授となる。のち東京医歯大教授,警察庁科学警察研究所長。ABO式血液型の遺伝形式の研究,Q式血液型の発見および指紋学,親子鑑別などに業績をあげた。日本人類遺伝学会初代会長。18年学士院恩賜賞,31年文化勲章。昭和50年5月6日死去。83歳。三重県出身。著作に「法医学」「血液型学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふるはたたねもと【古畑種基】

1891‐1975(明治24‐昭和50)
法医学者,血清学者。三重県生れ。東大卒。金沢医大(現,金沢大学医学部),東京大学,東京医科歯科大学の教授,警察庁科学警察研究所長を歴任。日本の法医学の指導的地位に立つとともに,Q式血液型の発見(1934),血液型の遺伝の調査など血液型についての研究をはじめとして,その業績は人類学,人類遺伝学,指紋学,親子鑑別などに及んだ。多数の司法解剖を手がけ,ことに戦後の難事件として知られる帝銀事件下山事件などに関与し,犯罪の科学捜査確立に果たした役割は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふるはたたねもと【古畑種基】

1891~1975) 法医学者・血清学者。三重県生まれ。東大教授・警察庁科学警察研究所所長などを歴任。帝銀事件・下山事件など第二次大戦後の難事件の鑑定にかかわる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古畑種基
ふるはたたねもと
(1891―1975)

法医学者、人類遺伝学者。三重県生まれ。1916年(大正5)東京帝国大学医科大学を卒業、法医学教室助手となる。欧米に留学(1921~1924)して帰国後、金沢医科大学教授となり法医学講座を担当、1936年(昭和11)東京帝国大学教授、1952年退官、東京医科歯科大学教授を経て1960年警察庁科学警察研究所長。ABO式血液型の遺伝形式に関する独自の説を唱え、またQ式血液型など新血液形質を発見したほか、指紋学や親子鑑別など広範囲で業績をあげた。法医学分野でも活躍、下山(しもやま)事件や帝銀事件にも関与。1943年帝国学士院恩賜賞を受け、1947年日本学士院会員、1956年文化勲章受章。法医学や血液型学の著書が多数ある。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古畑種基の関連キーワード血清学浅田一石川哲郎井関尚栄上野正吉緒方富雄小南又一郎古田莞爾三田定則山上熊郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone