租帳(読み)ソチョウ

大辞林 第三版の解説

そちょう【租帳】

律令時代、一年間の田租の収納を記した帳簿。毎年諸国から民部省主税寮と中務省に納める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の租帳の言及

【輸租帳】より

…奈良・平安時代に諸国において毎年作成された田租や地子稲を徴収するための帳簿。租帳ともいう。貢調使が関係帳簿とともに中央に提出した。…

※「租帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android