租帳(読み)ソチョウ

大辞林 第三版の解説

そちょう【租帳】

律令時代、一年間の田租の収納を記した帳簿。毎年諸国から民部省主税寮と中務省に納める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の租帳の言及

【輸租帳】より

…奈良・平安時代に諸国において毎年作成された田租や地子稲を徴収するための帳簿。租帳ともいう。貢調使が関係帳簿とともに中央に提出した。…

※「租帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android