輸租帳(読み)ユソチョウ

世界大百科事典 第2版の解説

ゆそちょう【輸租帳】

奈良・平安時代に諸国において毎年作成された田租地子稲を徴収するための帳簿租帳ともいう。貢調使が関係帳簿とともに中央に提出した。717年(養老1)5月に大計帳,青苗簿(せいびようぼ)などの帳簿と同様に輸租帳の記載様式が諸国に頒布された。《延喜式》には当初のものから少し変更された記載様式が収められている。神田,寺田などさまざまな種類の田について田租や地子稲の徴収対象であるか否か,耕作可能か否かの面から項目別に田積が記録され,徴収された田租・地子稲の数量,口分田の受田戸数,受田人数なども詳細に書き上げられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆそちょう【輸租帳】

律令制で、諸国から一年間の田租収納状況の一切を書き上げて毎年進上した帳簿。租帳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android