コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸租帳 ユソチョウ

3件 の用語解説(輸租帳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆそ‐ちょう〔‐チヤウ〕【輸租帳】

租帳(そちょう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆそちょう【輸租帳】

奈良・平安時代に諸国において毎年作成された田租や地子稲を徴収するための帳簿。租帳ともいう。貢調使が関係帳簿とともに中央に提出した。717年(養老1)5月に大計帳,青苗簿(せいびようぼ)などの帳簿と同様に輸租帳の記載様式が諸国に頒布された。《延喜式》には当初のものから少し変更された記載様式が収められている。神田,寺田などさまざまな種類の田について田租や地子稲の徴収対象であるか否か,耕作可能か否かの面から項目別に田積が記録され,徴収された田租・地子稲の数量,口分田の受田戸数,受田人数なども詳細に書き上げられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆそちょう【輸租帳】

律令制で、諸国から一年間の田租収納状況の一切を書き上げて毎年進上した帳簿。租帳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輸租帳の関連キーワード正税帳悲田院御息所王朝時代国儲別給名神狩りの使広瀬祭

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone