枝文(読み)えだぶみ

精選版 日本国語大辞典の解説

えだ‐ぶみ【枝文】

〘名〙 古代、四度公文(しどのくもん)のそれぞれに添えられた付属帳簿。中央官庁(主計寮)で、四度公文各帳の記載内容の点検に必要な明細帳であった。大帳(計帳)枝文、税帳枝文、調帳枝文などがある。〔政事要略(1002頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の枝文の言及

【四度使】より

…また正税帳使は,国衙財政の決算報告書である正税帳その他の公文書を持参する。四度使が持参する公文書を四度公文(よどのくもん)といい,その付属文書を枝文(えだぶみ)といった。中央政府はこれらの公文書を通じて国々の動静を把握したが,平安時代に地方政治が乱れるにともない,しだいに四度使の派遣はみられなくなった。…

※「枝文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android