コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦刻石 しんこくせき

百科事典マイペディアの解説

秦刻石【しんこくせき】

中国,秦の始皇帝が天下統一後,各地を巡って建てた自分の頌徳(しょうとく)碑で,〈始皇帝刻石〉ともいう。6ヵ所に建てたうち現存するのは山東省泰山と琅邪(ろうや)の2刻のみであるが,5ヵ所の碑文が《史記》の〈始皇本紀〉に記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんこくせき【秦刻石 Qín kè shí】

天下を統一した秦の始皇帝が前219年から前210年にかけて全国を巡行し,秦徳をほめたたえるために残した刻石文。(1)嶧(えき)山(山東省鄒県),(2)泰山(山東省泰山),(3)琅邪台(ろうやだい)(山東省諸城県南東),(4)之罘(しふ)山(山東省烟台市),(5)東観(同左),(6)碣石(けつせき)門(河北省黎県北西),(7)会稽山(浙江省紹興県南東)の7ヵ所にたてられた。うち(1)を除いては《史記》秦始皇本紀に採録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

秦刻石の関連キーワード石碑

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android