コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移動盲腸 いどうもうちょうcecum mobile

2件 の用語解説(移動盲腸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

移動盲腸
いどうもうちょう
cecum mobile

盲腸および上行結腸の一部の固定が不十分なため,盲腸が生理的な移動の限界を越えて動き,便秘とか便通不整,右下腹部の不快感や鈍痛,ときとして強い腹痛を訴える状態をいう。先天性のものと,中年以降,内臓下垂の一部として起るものとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

移動盲腸
いどうもうちょう

盲腸の腸間膜は短く、後腹膜に固定されて可動性が乏しい。一般には上方6センチメートル、内方2センチメートル以下だといわれる。これ以上の可動性を示すものを移動盲腸とよぶ。多くは腸間膜が長いために起こり、高齢者や内臓下垂症のある人に多い。大部分は無症状であるが、便秘、右下腹部(回盲部)の不快感、鈍痛などを示すことがあり、まれには発作的な激痛を訴える。軽症には食事療法運動療法緩下剤投与を、症状が重く難治性の場合には外科手術により盲腸の縫合固定術や切除術が行われる[安富正幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone