コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内臓下垂症 ないぞうかすいしょう visceroptosis

2件 の用語解説(内臓下垂症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内臓下垂症
ないぞうかすいしょう
visceroptosis

腹部の諸内臓が下垂した状態を内臓下垂という。原因は,無力体質のほかに,妊娠,出産,急激なやせ,外傷,腹壁筋肉の欠損などがあげられる。胃をはじめ,肝臓,腎臓,脾臓,腸など,腹部内臓のすべて,または大部分が下垂する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内臓下垂症
ないぞうかすいしょう

内臓器官を固定している靭帯(じんたい)や結合織の弛緩(しかん)のために内臓が下垂した状態をいう。長身で、やせた人、いわゆる無力性体質の人に多くみられる。X線検査では胃が骨盤腔(くう)に下垂し、胃部膨満感、食欲不振、心窩(しんか)部(上腹部)痛などの胃下垂症状を呈することが多い。また、腸管の蠕動(ぜんどう)低下による慢性便秘や遊走腎(じん)による症状を呈することもある。さらに動悸(どうき)、頭痛、めまいなどの低血圧症状や神経症的な症状を伴うことも多い。しかし、内臓が下垂していても、なんら症状を示さない例も多く、疾患というよりも体質的な要素が大きいと考えられる。症状のある場合は、対症的な薬物療法に加え、食事療法、精神療法などを行う。なお、脂肪組織の増加は下垂を軽減させ、効果的である。[竹内 正・白鳥敬子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内臓下垂症の関連キーワード胃下垂内臓神経ヘルニア下垂腹部圧迫包帯無力性体質胃下垂症下垂体後葉視床下部下垂体系

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone