コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内臓下垂症 ないぞうかすいしょうvisceroptosis

2件 の用語解説(内臓下垂症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内臓下垂症
ないぞうかすいしょう
visceroptosis

腹部の諸内臓が下垂した状態を内臓下垂という。原因は,無力体質のほかに,妊娠,出産,急激なやせ,外傷,腹壁筋肉の欠損などがあげられる。胃をはじめ,肝臓,腎臓,脾臓,腸など,腹部内臓のすべて,または大部分が下垂する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内臓下垂症
ないぞうかすいしょう

内臓器官を固定している靭帯(じんたい)や結合織の弛緩(しかん)のために内臓が下垂した状態をいう。長身で、やせた人、いわゆる無力性体質の人に多くみられる。X線検査では胃が骨盤腔(くう)に下垂し、胃部膨満感、食欲不振、心窩(しんか)部(上腹部)痛などの胃下垂症状を呈することが多い。また、腸管の蠕動(ぜんどう)低下による慢性便秘や遊走腎(じん)による症状を呈することもある。さらに動悸(どうき)、頭痛、めまいなどの低血圧症状や神経症的な症状を伴うことも多い。しかし、内臓が下垂していても、なんら症状を示さない例も多く、疾患というよりも体質的な要素が大きいと考えられる。症状のある場合は、対症的な薬物療法に加え、食事療法、精神療法などを行う。なお、脂肪組織の増加は下垂を軽減させ、効果的である。[竹内 正・白鳥敬子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone