移木の信(読み)イボクノシン

大辞林 第三版の解説

人にまことを示すこと。 中国の秦の商鞅しようおうが、新法を布くにあたってまず自分を信頼させるために、都の南門に立てた大木を北門に移した者には金を与えると布告し、そのとおりに実行したという史記商君伝の故事による

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

故事成語を知る辞典の解説

約束を固く実行すること。

[使用例] 有名なる「しょうおう、移木の信」の逸話は、この法刑万能主義を表現するものとしてすこぶる興味あるものである[穂積陳重*法窓夜話|1926]

[由来] 「史記―商君伝」に見える話から。紀元前四世紀、戦国時代の中国でのこと。しんという国の宰相、しょうおうは、政治改革を行うにあたり、新しい法令を発布しても、国民が信用しないことを恐れていました。そこで、都の南の大木を立て、「これを北の門に移した者には一〇金を与える」とお触れを出しました。しかし、そんな単純なことでお金をもらえるはずがないと考えて、だれもその木を移動させようとしません。それを知った商鞅は、賞金を五〇金に引き上げます。すると、あるがこの木を移動させたので、この人に約束どおり五〇金を与えて、自分が法令をきちんと施行することをわからせた、ということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android