コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税務大学校 ぜいむだいがっこう

3件 の用語解説(税務大学校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

税務大学校
ぜいむだいがっこう

税務職員の資質の向上を目的とする国税庁施設等機関である。前身は 1941年に設置された大蔵省税務講習所。 49年に国税庁の発足に伴い国税庁税務講習所となり,64年現校名になる。長・短期の研修コースがあり,長期研修コースには,高校卒等の新規採用者 (国家公務員 III種〈税務〉試験採用者) を対象とする普通科 (1年1ヵ月) ,税務職員に採用されてから7年以上経過した普通科卒業者のうち,部内の選抜試験に合格した者に対して実施する本科 (1年) ,大学卒程度の職員 (国税専門官試験採用者) を対象とする専科 (7ヵ月) ,さらに租税理論や税法運用を研究する研究科 (1年3ヵ月) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜいむ‐だいがっこう〔‐ダイガクカウ〕【税務大学校】

税務職員に必要な研修を行う国税庁の機関。昭和16年(1941)大蔵省税務講習所として設立、昭和24年(1949)国税庁税務講習所に名称変更。昭和39年(1964)大学校に改組。校舎が埼玉県和光市にあるほか、各地に研修所をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

税務大学校【ぜいむだいがっこう】

国税庁の付属機関で,本校(東京都)と11の地方研修所からなる。1941年創設の税務講習所の後身で,1964年設置。新規採用の税務職員に対し1年間教育研修を行う普通科のほか,中堅税務職員再教育のための本科,研究科等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

税務大学校の関連キーワード国税庁税務署国税局下級官庁建築士法上級官庁マル査Aキャップ営業職員教育試験制度査察制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

税務大学校の関連情報