コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

租税理論 そぜいりろん

世界大百科事典 第2版の解説

そぜいりろん【租税理論】


【租税理論の類型】
 租税理論は,実証的(ポジティブ)な領域と規範的(ノーマティブ)な領域の二つの部分によって構成されている。前者は,市場機構を通して,税制の変更が民間部門の経済主体の意思決定や社会全体の経済変量に対してどのような影響をもたらすかを分析するものである。これに対して後者は,租税体系がいかなる要件を備えたときに経済社会全体にとって最も望ましい状態が達成できるかを解明しようとするものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

租税理論の関連キーワードフランク・P. ラムゼーE.R. リンダール直接税・間接税税務大学校ミラボー犠牲説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android