稟議(読み)りんぎ

精選版 日本国語大辞典「稟議」の解説

りん‐ぎ【稟議】

〙 (「(ひんぎ)」の慣用読み)
① 上位の人にはかり申しあげること。
※地方官会議日誌‐一二・明治八年(1875)七月五日「新築更正に係るものは、内務省に稟議すべし」 〔宋史‐高宗紀・五〕
② 官庁や会社などで、会議を開くほどではない新事項が生じたとき、主管者が決定案を作成し、関係者間に回して承認を求めること。
太政官布告第百六号‐明治九年(1876)八月「之を大蔵卿一日に稟議して」

ひん‐ぎ【稟議】

〘名〙 上奏して審議してもらうこと。りんぎ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「稟議」の解説

りん‐ぎ【×稟議】

《「ひんぎ」の慣用読み》会社・官庁などで、会議を開催する手数を省くため、係の者が案を作成して関係者に回し、承認を求めること。「稟議書」

ひん‐ぎ【×稟議】

りんぎ(稟議)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「稟議」の解説

【稟議】ひんぎ

論議してその決定を奏上する。〔宋史、宇文虚中伝〕(金人)す。~中~等謀りて、以て闕に赴きて稟議し、歸の計を爲す。

字通「稟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報