稲取温泉(読み)いなとりおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲取温泉
いなとりおんせん

静岡県南東部,伊豆半島東岸の東伊豆町の温泉。泉質食塩泉泉温は 60~80℃で湯量が多い。皮膚病神経痛リウマチなどにきく。東伊豆最大の漁業の町であったが,1956年南部の海岸で温泉が湧出し,観光温泉地として急速に発展し,一躍伊豆半島の有力観光地となった。観光ミカン園もある。6月上旬のどんつく祭りは奇祭富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕稲取温泉(いなとりおんせん)


静岡県賀茂(かも)郡東伊豆(ひがしいず)町、稲取岬基部にわく行楽向きの温泉。熱川(あたがわ)温泉などとともに東伊豆温泉郷の中心をなす。稲取港は伊豆大島航路の連絡船が発着するほか、魚介類水揚げが多く活魚料理が名物。近くの伊豆バイオパークでは野生動物を放し飼いし、各種スポーツ施設も充実。ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉、ナトリウム・カルシウム‐硫酸塩泉。泉温85℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android