コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲取温泉 いなとりおんせん

2件 の用語解説(稲取温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲取温泉
いなとりおんせん

静岡県南東部,伊豆半島東岸の東伊豆町の温泉。泉質は食塩泉。泉温は 60~80℃で湯量が多い。皮膚病,神経痛,リウマチなどにきく。東伊豆最大の漁業の町であったが,1956年南部の海岸で温泉が湧出し,観光温泉地として急速に発展し,一躍伊豆半島の有力観光地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕稲取温泉(いなとりおんせん)


静岡県賀茂(かも)郡東伊豆(ひがしいず)町、稲取岬基部にわく行楽向きの温泉。熱川(あたがわ)温泉などとともに東伊豆温泉郷の中心をなす。稲取港は伊豆大島航路の連絡船が発着するほか、魚介類の水揚げが多く活魚料理が名物。近くの伊豆バイオパークでは野生動物を放し飼いし、各種スポーツ施設も充実。ナトリウムカルシウム塩化物泉、ナトリウム・カルシウム‐硫酸塩泉。泉温85℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲取温泉の関連情報