コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲取 いなとり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲取
いなとり

静岡県南東部,伊豆半島東岸にある東伊豆町の集落。旧町名。 1959年城東村と合体して東伊豆町となる。稲取岬にいだかれた稲取漁港は,伊豆有数の漁港。 1956年温泉が湧出。急速に漁業の町から新興温泉の町へと変容した。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲取
いなとり

静岡県賀茂(かも)郡東伊豆町南部の一地区。旧稲取町。東伊豆町の中心地区。伊豆急行線、国道135号(東伊豆道路)が通じる。古くは河津荘(かわづのしょう)に属した。江戸時代は、幕府直轄地。相模灘(さがみなだ)に突き出た稲取岬に抱かれた良港をもち、古くから漁港として栄えてきた。近年はナツミカンの栽培も盛んである。稲取温泉、海水浴場、動物公園「伊豆アニマルキングダム」もある。[川崎文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

稲取の関連キーワード静岡県賀茂郡東伊豆町長尾四郎右衛門東伊豆(町)稲取[温泉]東伊豆[町]げんなり鮨稲取キンメナツミカン田村 又吉東伊豆道路稲取温泉熱川温泉萩原すげ田村又吉大島町

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲取の関連情報