コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲田楯成 いなだ たてなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲田楯成 いなだ-たてなり

1841-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)12年生まれ。土佐高知藩士。慶応4年箕浦猪之吉(みのうら-いのきち)隊長のもとで堺(さかい)の警備にあたる。2月15日上陸してきたフランス軍艦の水兵を殺傷(堺事件)。フランスの要求に屈した新政府の命で同年2月23日同藩の10名とともに切腹。28歳。通称は貫之丞(かんのじょう)。
【格言など】時ありて咲き散るとても桜花何か惜しまむ大和魂(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲田楯成の関連キーワード稲田貫之丞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android