稲葉三右衛門(読み)いなば さんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉三右衛門 いなば-さんえもん

1837-1914 明治時代の公共事業家。
天保(てんぽう)8年9月21日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)四日市で廻船問屋をいとなむ。明治6年四日市港の修築に着手。工事は困難をきわめしばしば中断したが,私財を投じて17年に完成(現在旧港とよばれる)。四日市市の繁栄の基礎をきずいた。大正3年6月22日死去。78歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android