コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉大壑 いなば たいがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉大壑 いなば-たいがく

1807-1857 江戸時代後期の儒者。
文化4年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)臼杵(うすき)藩士。天保(てんぽう)9年(1838)江戸にでて亀田綾瀬(かめだ-りょうらい)らにまなぶ。帰郷して13年に創立された藩校学古館の学頭となる。晩年は寺社奉行をつとめた。安政4年6月6日死去。51歳。名は直好。字(あざな)は公徳。通称は徳一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲葉大壑の関連キーワード武藤虎峰

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android