コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉大壑 いなば たいがく

1件 の用語解説(稲葉大壑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉大壑 いなば-たいがく

1807-1857 江戸時代後期の儒者。
文化4年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)臼杵(うすき)藩士。天保(てんぽう)9年(1838)江戸にでて亀田綾瀬(かめだ-りょうらい)らにまなぶ。帰郷して13年に創立された藩校学古館の学頭となる。晩年は寺社奉行をつとめた。安政4年6月6日死去。51歳。名は直好。字(あざな)は公徳。通称は徳一郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉大壑の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記黒沢翁満鷹司輔煕鷹司輔煕造船業

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone