コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉正武 いなば まさたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉正武 いなば-まさたけ

1769-1840 江戸時代後期の大名。
明和6年4月生まれ。稲葉正明の4男。天明6年田沼意次(おきつぐ)の失脚により,父の罷免に連座して処罰をうけたが,のち赦免。寛政元年安房(あわ)(千葉県)館山(たてやま)藩主稲葉家2代となる。3年陣屋を館山に建設。正武を初代とする見解もある。天保(てんぽう)11年7月6日死去。72歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉正武の関連キーワードヘルダー藤間流オセアニア史(年表)アヘン戦争シュティフターレールモントフオールドタウンクレメンス13世クレメンス14世ナポレオン[1世]

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone