コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲野年恒 いなの としつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲野年恒 いなの-としつね

1858-1907 明治時代の日本画家。
安政5年生まれ。東京で月岡芳年(つきおか-よしとし)に浮世絵をまなび,のち京都の幸野楳嶺(こうの-ばいれい)に師事。大阪にすんで,「毎日新聞」「朝日新聞」に小説の挿絵をかいた。明治40年5月27日死去。50歳。加賀(石川県)出身。本姓は武部。名は孝之。別号に可雅仙人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲野年恒の関連キーワード山崎年信(初代)右田 年英北野 恒富井川洗厓武部年恒明治時代北野恒富

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android