積極国家(読み)せっきょくこっか

百科事典マイペディアの解説

積極国家【せっきょくこっか】

国民の経済活動の諸過程にまで介入して,国民の福祉の向上のために積極的な役割を果たす国家のあり方をいう。19世紀までの国家のあり方は,国家の活動は治安や国防のみに限定されるべきであって,国民の経済活動に介入すべきでないとする考え方が支配的であった(夜警国家)。しかし,資本主義の発展に伴い社会にさまざまなひずみが生じ,その社会問題の解決のために国家が積極的な役割を果たすべきであるという考え方が,20世紀には支配的になった。〈福祉国家〉〈大きな政府〉も同義。これに対して,旧来の夜警国家のようなあり方を〈消極国家〉〈小さな政府〉あるいは〈安価な政府〉という。
→関連項目国家

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

積極国家の関連情報