コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空中索道 くうちゅうさくどうaerial cableway

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空中索道
くうちゅうさくどう
aerial cableway

ケーブルカー一種空中にかけ渡したロープ搬器をつるし,モータあるいは人力でロープを動かして人や物を運ぶ装置。山の登降谷間を渡るのに使う場合が多く,おもに観光用であるが,山奥の村では日常の交通手段として用いられている場合もある。搬客室の場合を通常ロープウェーと呼び,スキーリフトなど露天の椅子の場合はチェアリフトと呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

空中索道の関連キーワードロックドコイルロープヘルクレスロープウエー

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android